陶器のまつりを旅しよう

陶器のおまつを旅する趣味

陶器のお祭りを旅する趣味は、全国にある色々な陶器の産地でおこなわれる陶器市を巡って、掘り出し物を探したり良いものを探したりして楽しむ趣味です。

 

陶器市巡り

 

陶器は和食器や湯飲みなどのやきものです。その陶器を一同に集めて、一気に販売されているのが陶器市です。

 

陶器市では、カップや皿などの日用品から美術品なども販売されています。価格的には100円以下の安いものから、何百万円もするような陶器まであります。

 

近所でおこなっている陶器市と違って、有名な陶器の産地でおこなわれる大々的な陶器市を巡って楽しむ趣味です。

 

産地の陶器市では、窯元の職人さんと直接の会話を楽しむ事もできます。陶器市はお祭りで、地域にとっても最大のイベントでもありますので、安くて掘り出し物を探す面白みも楽しめる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《陶器のおまつりを巡り趣味》の魅力

《陶器のおまつりを巡り趣味》の魅力は、何と言ってもその圧倒的な器の数です。その多くの器の中からどんな器と出会えるかが魅力です。

 

朝市のような解放感がある中で、多くの器を見られるのはまさにおまつり気分で楽しめるものです。大きな陶器市では、なんと500を超えるくらい多くの店が立ち並びます。

 

掘り出し物を見つけるのも、この大きな陶器市ならではの魅力です。

 

また、産地の陶器市では、お店の人はもちろん職人さんが自ら店に出て対応をしてくれる事もあります。職人さんや作家さんと会話をしながら選べるのもおまつりならではの魅力です。

 

そしてもう一つの魅力は陶器とは一期一会と言う事です。掘り出し物と出会った時に購入をするかどうかです。もう一度考えてからと思っていると、次に見に来た時には売れてしまう事も多々あります。

 

出会った時に、買うのか止めるのか?と言う、掘り出し物との出会いを楽しむのも一つの魅力という事です。

 

《陶器市のおまつりの魅力が解る動画》

 

《陶器のおまつりを巡り趣味》の楽しみ方

《陶器のおまつりを巡り趣味》の楽しみ方は、産地ならではのお祭りとして楽しむ事です。

 

作り手との会話を楽しみます。迷ったらお店の人に聞いてみましょう。お店の人もお祭り気分で気さくに話してくれるものです。

 

窯元の作り手が売っている時には、特に会話を楽しみたいものです。作家さんの心意気を知る事が出来ると陶器を選ぶ時の参考になります。

 

有名な作家さんと話すと、人柄に触れる事で更にファンになるかも知れません。陶器市はお祭りです。こんな偶然も期待できるのが楽しみになります。

 

陶器市の楽しみの基本は、自分が気に入った物を探す事です。ここで作家さんの意見を聞いたりすると、目を養う参考にもなったりするものです。

 

最後に陶器市の楽しさは、値切り交渉だったりします。お祭り気分でお店の人もかなり勉強をしてくれる事もあるので、臆する事無く値切り交渉も楽しんでしまいましょう。

 

ただ、『まけてまけて』の値切りはつまらないものです。買い手も売り手も嬉しくなるような、『まとめ買いするから』とお互いが得する交渉をしてみると良いでしょう。

 

いずれにしても、お祭りで初めから安くはなっているので、値切りの交渉を楽しむと言った余裕があると良いですね。

 

陶器市に行く前に、予備知識を持っておく事でより楽しめるので、事前に書籍で学んでおくとより楽しさがあります。

 

日本人にとって、器、やきもの、陶器といったものは、なにか大事なものですね。

 

《陶器のおまつりを巡り趣味》の費用

《陶器のおまつりを巡り趣味》の費用は、陶器市を巡るので、その旅費が費用となります。更に陶器市では掘り出し物を見つけては購入をすると思います。

 

その費用は、どのような器を選ぶかになります。

 

安いものは100円以下からあります。しかし高価な物は数十万円から中には100万円以上するものもあります。

 

高価な物を買う楽しみもありますし、安い値段だけど掘り出し物を見つける!といった楽しみを持って、良い買い物をしたいですね。

《陶器のおまつりを巡り趣味》の始め方

《陶器のおまつりを巡り趣味》の始め方は、陶器市の日程を知る事からです。

 

インターネットで探すか、大きな陶器市は専門の陶器市を題材にした書籍などもあります。陶器市巡りの趣味を楽しみたいのであれば1冊は持っていても良いです。

 

また、陶器市をより楽しむ方法も紹介しておきます。

 

陶器市を楽しむ”鉄則”として、良い商品を購入したいなら初日のしかも午前中に行きましょう。良い商品は多数ありますし、人もまだ少ないのでじっくりと見る事ができます。

 

ただ、初日の午前中だとそれほど値引きはしてくれないものです。ここは良い物を欲しいからと割り切りましょう。

 

反対に、とにかく安く買いたいと言うなら、最終日の午後が狙い目です。最後は捨て値で販売してくれる可能性があるからです。残り物が悪い物とは限らないところがおもしろいところなので、運任せで狙ってみても良いですね。

 

注意点としては、田舎町で宿泊施設が多くないにも関わらず、この時ばかりは大変に込み合います。早めに宿泊施設を予約しておくと良いです。

 

車も駐車場にさえ入れない事もあるので、注意して下さい。

 

スポンサード リンク

陶器市巡りをやってみよう!

陶器市巡りを楽しむには、やはりやきものの事は勉強しておきたいですし、また陶器市のお祭りの事も知っておきたいものです。

 

そんな時に役立つ書籍もあるので、参考までに紹介しておきます。少し勉強しておくと陶器市がより楽しくなるでしょうね。

 

 

本書はやきものの産地の特徴や代表的な窯元情報などを紹介しています。

 

ネットで全国どこの陶器を買う事は出来ますが、やはり実際に窯場を訪れてその土地の空気や雰囲気を味わいながら器を選ぶのが楽しいものです。

 

やきものの基礎知識なども紹介されているので、やきものの入門書として楽しめます。

普段使いの器を探して やきものの里めぐり (楽学ブックス) 

 

 

やきもの入門書の決定版です。陶器と磁器の違いや器の形、名称、色や装飾、その他の技法、器と盛りつけのヒントなどが、写真とイラストで解りやすく解説。

 

産地別のやきものガイドとして、歴史や製造工程などの情報も網羅しているのでやきもの入門書として基礎知識が付く一冊です。

ゼロから分かる! やきもの入門 

 

やきものは奥深くて知れば知るほど夢中になれるものです。

 

そんなやきものを勉強しながら産地巡りをして、直売されている陶器市などを楽しんでみましょう。

 

やきもの関連の書籍は他にも多数あるので色々と探してみてください。

 

ツアーで陶器市に行ってみよう!

陶器市は一年で数日しか開催されないのでとても短い期間です。

 

事前に調べて、どこの産地で陶器市が開催されるのかを確認しておきましょう。ただ陶器市によっては、その期間中は個人で宿泊施設を取るのも難しくなることもあります。

 

陶器市の期間は色々なツアーがあるので、参考にしてみてください。

 

HIS

陶器市 

2016年のものですが、HISから有田の陶器市へのツアーがありました。このようなツアーが産地の陶器市ごとにありますので探してみると良いでしょう。

海外旅行はエイチ・アイ・エス 

 

陶器市の時期になったら他にも色々とパックツアーなどもあります。

 

宿探しなら任せて安心「日本旅行」!オンラインで空室照会・予約可能!  格安国内旅行なら阪急交通社で! 
JALパック いい旅、あたらしい旅。 クラブツーリズム国内ツアー 
【Yahoo!トラベル】  じゃらんパック 

陶器のまつりを旅しよう記事一覧