子供のコーチをして楽しむ趣味

子供のコーチをして楽しむ趣味

子供のコーチをして楽しむ趣味は、子供達の様々なスポーツを通じて教える事を楽しむ趣味です。

 

コーチ

 

日曜日に運動場のある大きな公園などを散歩していると、野球などをしている子供たちに檄を飛ばしているコーチの人がいる風景が多く見られます。

 

こういった人達の活動はスポーツ指導と呼ばれるボランティア活動の一種であり、スポーツの楽しさを地域の子供たちと共有できるものとなります。

 

スポンサードリンク

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の魅力

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 好きなスポーツを通じて地域社会に貢献できる
  • 地域の子供たちと一緒に汗を流すことでスポーツの楽しさを分かち合える
  • 免許や資格、名選手であったなどの肩書がなくとも始められる
  • 第一線での活躍の場などを退いても好きなスポーツに関わり続けられる
  • 子供たちとの交流により得られるものがある
  • 指導した子供たちの成長を感じられると嬉しい

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の楽しみ方

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の楽しみ方は、少年野球をはじめ、サッカーやバスケットボールといった地元チームのコーチは自分の趣味や得意なスポーツで地域社会に貢献できるものです。

 

子供のコーチをするためには指導できるだけの技能と知識が必要ではあるものの特別な免許や資格、名選手であったなどの経歴はなくとも始められます。

 

また第一線を退いても地域の子供たちと一緒に汗を流し、スポーツの楽しさを分かち合える他、子供たちとの交流により様々なものが得られます。

 

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の費用

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の費用は、一般的にボランティア活動には電車賃や弁当代などで月に1000円から2000円程かかることが多くなっています。

 

これに加え資格は不要ですが、コーチ養成プログラムの例として全日本野球協会では資格取得もできる野球指導者講習会を定期的に行っており、受講料5000円に加え3日分の昼食券1680円、懇親会費4000円となっています。また日本体育協会では様々な競技に対応した競技別指導資格の講義を行っていて、共通科目1万9440円、専門科目1万800円となっています。

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の始め方

《子供のコーチをして楽しむ趣味》の始め方は、まずは都道府県や市区町村の担当窓口あるいは地域のボランティアセンターにてスポーツ指導ボランティアの登録をします。

 

そして登録後には要請のあったサークルやスポーツ少年団のサポートを行えるようになります。

 

子供のコーチをする際には特別な資格は不要ですが、指導できるだけの専門知識や体力が必要な他、定期的な参加ができること、長期間続けられることが求められます。

 

また常に新しいスポーツトレーニング法を知っておくために各競技団体によるコーチングマニュアルを読むことやコーチ養成プログラムの受講なども必要です。

 

更に練習場の確保や予算管理といった事務作業を行う場合もあります。

 

子供のコーチをはじめとしたボランティアは自己犠牲の精神よりも社交を楽しむことの方がお互いに喜びを与え合えるものとなります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | その他趣味一覧