絵本を描いて楽しむ趣味

絵本を描いて楽しむ趣味

絵本を描いて楽しむ趣味は、自分の中にある創造の物語を絵と文で表現して絵本を描くことを楽しむ趣味です。

 

絵本

 

絵本には小説や童話などの文章作品とは違ったポイントがあります。

 

この絵本の特性を理解しながら、自分の中にある物語を絵と文によって表現をし、そして多くの人に見て読んでもらう事を楽しむ趣味です。

 

絵本は小さな子供はもちろん、誰にとっても分かりやすいストーリーです。

 

この解りやすいストーリでありながら、奥深い文学的であったり、ハッとする気づきがあったり、少し考えさせたりもするところが絵本の面白さです。

 

また挿絵も、思わず想像力を駆り立てられるような特徴的な絵が魅力になります。

 

この魅力ある絵本は、子供だけではなく大人が読んでも新たな発見が得られるものです。

 

今では大人が絵本を楽しんだりもしています。

 

このような絵本を、自分で描いてみることで自分の中にある物語を形にし、更に挿絵によりその世界観を自由に表現する事を楽しむ趣味です。

 

自分で描いた絵本をコンテストに応募したりするのも、夢があって楽しいものです。

 

スポンサードリンク

《絵本を描いて楽しむ趣味》の魅力

《絵本を描いて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自分の絵と文章により自分の中にある世界観を表現できる
  • 自分の書いた絵本を読んだ人に楽しんでもらえると嬉しい
  • 絵本を描く事で改めて子供の視点から物事を考えられるようになる
  • 絵の具やクレヨン、版画など挿絵に様々な表現法を用いる楽しさがある
  • 印刷技術が進み1冊からでも自分の絵本を印刷できる
  • 絵本を描く事を通して自由に想像力を巡らせる機会を得られる

 

《絵本を描く魅力が解る動画》

 

《絵本を描いて楽しむ趣味》の楽しみ方

《絵本を描いて楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分の頭の中にあるストーリーを絵と文で表現する事です。

 

シンプルながら日常とは少し違った視点に立って、想像力をかき立ててみましょう。

 

自分の子供に何を使えたいのか?などから考えてみても面白いかも知れません。

 

絵本を描く事で、自分の中にある物語を簡潔な文章と自由なタッチの絵で表現できるこの趣味はとても素敵なものです。

 

今は、オンデマンド印刷という技術で、1冊からでも自分で描いた絵本の印刷ができるようになっています。

 

大事な人へのプレゼントにしても良いですし、皆に読んでもらったらもっと嬉しい趣味になります。

 

また趣味でありながら、絵本を描いて出版社に持ち込んだり、コンテストに応募してみる!なんていうのも楽しみの一つです。

 

《絵本を描いて楽しむ趣味》の費用

《絵本を描いて楽しむ趣味》の費用は、絵本ノートが1200円くらいと色鉛筆や絵具があれば取りあえずは始められます。

 

絵本ノートはこんな無地のノートです。

 

 

とは言え、これはホントに1冊だけを描くような絵本ノートです。

 

もっと本格的な絵本を作りたいのであれば、少部数に対応しているオンデマンド印刷で絵本を印刷する事ができます。

 

この場合は、1冊16ページで本のサイズにより7000円台から1万円台くらいです。

 

当然ながら印刷冊数が増えると、1冊の単価は安くなっていきます。

 

また絵本の作り方の書かれた本は1000円台から2000円くらいです。

 

⇒絵本の作り方の本一覧!

 

他には絵本教室などですが、全国にある絵本教室は3ヶ月から半年で4万円台から6万円程が目安となっています。

《絵本を描いて楽しむ趣味》の始め方

《絵本を描いて楽しむ趣味》の始め方は、まずは絵本の描き方を本や教室などで学びましょう。

 

次に大事なのは物語ですね。物語の起承転結とそれに合ったタッチの挿絵などを考えましょう。

 

読者が子供である事を意識しつつ大人の理想を押し付けない事も大事です。

 

そして、解りやすい言葉を用いるなどのポイントをおさえるようにします。

 

まずは手始めに印刷する事を前提にしないで、手作業で製本するくらいの簡単なものから始めても良いでしょう。

 

赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんであれば、赤ちゃん向けに布で手作りする絵本などもステキです。

 

もっと気楽には、友人知人へのメッセージカードに絵とストーリーを付けるなどから初めてみるのも良いですね。

 

ただ、やはりちゃんとした本にしたい時は、少部数でも印刷するには、本の構造や入稿など印刷に関する基本的な知識は必要になります。

 

夢のあるファンタジーや昔話以外にも、自分が初めてお使いに行った日の事、家族や友達とのやりとりのようなささやかな出来事もまた想像力を膨らませ自由に展開させる事で絵本の題材となります。

 

自分だけが描ける物語を絵と文で表現してみましょう。

 

スポンサード リンク

作ったら売ってみるのも楽しい?

 

個人のハンドメイド作品を売る事が出来るサイトです。

 

自分が作った作品を人に喜んで使った貰うって、新しい感覚の楽しさです。

 

それにお小遣いが稼げたらもった嬉しいですね。

 

登録されている35万人もの人に見てもらう事ができます。

 

35万人のユーザーさんに自分のハンドメイド作品を公開できる、【ココナラハンドメイド】