ゲートボールを楽しむ趣味

ゲートボールを楽しむ趣味

ゲートボールを楽しむ趣味は、ゲートボールと言うと高齢者に大人気のスポーツで、5人一組の2チーム対抗で楽しむスポーツ趣味です。

 

ゲートボール

 

ゲートボールは、第二次大戦後に北海道在住の鈴木栄治さんが、クロッケーを元に考案された国産のスポーツです。

 

日本発祥のスポーツとは嬉しいですね。

 

ゲートボールはお年寄り向けのスポーツというイメージが強いですが、実は子供などにも人気があるのです。

 

全国ジュニア大会では小中学生によるチームが参加し、全日本大会では20代のプレーヤーも活躍しています。

 

更にアメリカやアジア諸国など海外でも普及して、今では国際的なスポーツとなっています。

 

年配の方でもできるスポーツなので、激しい運動は苦手な人も楽しめるスポーツです。

 

スポンサードリンク

《ゲートボールを楽しむ趣味》の魅力

《ゲートボールを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • ボールをスティックで打つ簡単なプレーであるため子供から高齢者まで参加できる
  • コートが広すぎないため高齢者や子供、体力にあまり自信のない人にとって適度な運動となる
  • 幅広い世代の人が参加できるため、様々な世代との交流の機会を得られる
  • 基本的なルールは簡単ながらも作戦や駆け引きを要するため奥が深い
  • 他のプレーヤーとの交流を楽しむ、腕を磨いて大会に出るなど様々な楽しみ方ができる
  • 誰でも参加しやすい事に加え、5人で1チームなためメンバーを揃えやすい

 

《ゲートボールの魅力が解る動画》

 

《ゲートボールを楽しむ趣味》の楽しみ方

《ゲートボールを楽しむ趣味》の楽しみ方は、仲間と一緒にチームを組んだりしてプレーを楽しむ事です。

 

ルールは第1ゲートにボールを通過させて1点、第2ゲートに通過させ2点、第3ゲートで3点が入ります。

 

最後にゴールポールにボールを当てると2点入り上がりになるというものです。

 

チームでより多くの得点を競います。

 

ゲートボールは全くの初心者でもプレー前に2、30分程基本的なルールや打ち方について説明を受ければ、すぐに参加できるようになります。

 

気軽に始めやすいスポーツなので楽しみやすいスポーツと言えます。

 

《ゲートボールを楽しむ趣味》の費用

《ゲートボールを楽しむ趣味》の費用は、ゲートボール場は地域の公園などで貸し出されていて、個人であれば100円台か無料で利用できます。

 

ゲートボールの用具は専用スティック10本とボール10個、ゲートやゴールポールに加え地面にゲート類を打ち付けるハンマーがセットになったものが5万円台から9万円台で売られています。

 

⇒ゲートボール道具!

 

市民向けゲートボール教室は無料の場合が多数ですが地域によって異なります。

《ゲートボールを楽しむ趣味》の始め方

《ゲートボールを楽しむ趣味》の始め方は、地域などにあるゲートボールの会などに参加します。

 

当然ながら一人ではなくチームでプレーします。

 

ゲートボールは1チーム5人、プレーヤーは合計10人と審判員、記録員、線審をそれぞれ1人ずつの合計13人必要となります。

 

そして必要な道具としては、スティック10本、紅白の専用ボール合計10個、ゲート3本、ゴールポール1本を使用します。

 

他には、動きやすい服装と、かかとに段差のない運動靴、専用のゼッケンを着用します。

 

ゲートボールの詳細なルールやプレー動画、ゲートボールができる全国の施設は日本ゲートボール連合のホームページにて紹介されています。

 

地域の市民向けスポーツ教室などで初心者向けのゲートボール教室も行われています。

 

お年寄り向けのイメージが強いゲートボールですが、実際には1チームを3世代で編成した全国交流大会や全国社会人大会などもあります。

 

世界選手権大会もありますし、様々な世代や国が参加している大会もあるので目指しても楽しいでしょうね。

 

スポンサード リンク