バスケットボールを楽しむ趣味

バスケットボールを楽しむ趣味

バスケットボールを楽しむ趣味は、スラムダンクや黒子のバスケでバスケットボールの人気は爆発して競技人口は増えました。社会人にも人気のバスケットボールをプレーして楽しむ趣味です。

 

バスケットボール

 

バスケットボールは1891年にアメフトやベースボールは冬場寒すぎて練習ができないという事から、体育館でできるトレーニングスポーツとして考案されたものが始まりです。

 

現在では通常のバスケットボールの他にもミニバスケットボールやストリートバスケットボールなどいくつかの形態でプレイできるようになっています。

 

また人気バスケットボール漫画「スラムダンク」作者の井上雄彦による「リアル」という作品では車椅子バスケットボールを取り上げていて、それも広く知られるようになりました。

 

中学や高校の部活として人気があり、それを大人になってからも楽しむ趣味として人気があります。

 

スポンサードリンク

《バスケットボールを楽しむ趣味》の魅力

《バスケットボールを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • スピード感あふれる真剣勝負の激しい試合を楽しめる
  • 正式な試合のみならず3on3のような少人数でも気軽に楽しめる
  • 小学生向けのミニバスケットボールや車椅子バスケットボールなど幅広い立場の人に合わせた形態がある
  • スピード感のある試合運びに加え、シュートのチャンスが競技者誰にでもある
  • バスケットボールの試合や練習を通して体力作りができる

 

《こんなすごいプレーで楽しみたい》

 

《バスケットボールを楽しむ趣味》の楽しみ方

《バスケットボールを楽しむ趣味》の楽しみ方は、サークルやチームなどに所属してプレーを楽しみます。

 

バスケットボールには身長が高くないと不向きなイメージがあります。

 

しかし、それはゴール近くのシュートやゴールから外れたボールの取り合いの場合に限られるものです。

 

小柄であれば機敏な動きで敵選手の間をすり抜けられるプレーもできたりするので、小さいには小さいながらも楽しみ方もあります。

 

ゴールから離れた場所からのシュートの場合は、身長差はそこまで関係ないですし、決まればヒーローになれる喜びも味わえます。

 

バスケットボールには12歳以下の子供向けのミニバスケットボールや車椅子バスケットボール、耳の不自由な人向けのデフバスケットボールもあり様々な人が自分に合った形態でプレイを楽しむ事ができます。

 

《バスケットボールを楽しむ趣味》の費用

《バスケットボールを楽しむ趣味》の費用は、バスケットシューズは6000円台から1万5000円前後のものが多数。

 

普段の練習で使えるボールは2000円前後が多数です。

 

チーム参加費は1回につき200円程が目安ですがチームにより変わります。

 

スポーツクラブのバスケットボールの場合、スポーツクラブ利用料の目安となる月1万3000円前後を支払う事でプログラムに参加できるようになります。

《バスケットボールを楽しむ趣味》の始め方

《バスケットボールを楽しむ趣味》の始め方は、ドリブルやシュートの練習や3on3のストリートバスケットボールであれば公園などゴールの使える場所でいつでもプレイできます。

 

ボールの大きさは一般男性であれば7号、女性と中学生は6号、小学生は5号を選びます。

 

この他、バスケットシューズを用意し、チームに所属するのであればサークルメンバー募集掲示板の「スポーツやろうよ!」などで全国のメンバー募集中チームを検索できるようになっています。

 

またスポーツクラブによってはバスケットボールの練習やゲームを楽しめる所もあります。

 

ちなみに、オニツカタイガーで知られる国産スポーツシューズメーカーの鬼塚株式会社社長には、夕食のおかずに出た「タコの酢の物」をヒントに滑りにくいバスケットシューズを開発したというエピソードがあります。

 

スポンサード リンク