空手を楽しむ趣味

空手を楽しむ趣味

空手を楽しむ趣味は、古きは人を倒す為の武術ではありましたが、現在はその根幹は残しながらもスポーツや護身術として親しまれて楽しめるものとなりました。

 

空手

 

空手は古来よりの素手で戦う武術の一つです。

 

現在においてはスポーツ化して心身の修養や護身術、運動不足解消など様々な目的で行われています。

 

身体の左右をバランスよく使い程よい全身運動となり、強くなる過程では精神修養が必要となる事に加え、礼を重んじるため相手を敬う心が身に付くようになります。

 

スポンサードリンク

《空手を楽しむ趣味》の魅力

《空手を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • バランスの良い全身運動により運動不足解消になる
  • 空手を身につける事で護身術として役立てられる
  • 技を繰り出す正しい姿勢によりインナーマッスルが鍛えられ美容や健康につながる
  • より上の級や黒帯の段を目指す目標ができる
  • 空手で強くなる過程で揺るぎない心が育まれる
  • 礼を重んじるため相手を敬う気持ちが養われる

 

《かっこいい!と思わず出てしまう》

 

《空手を楽しむ趣味》の楽しみ方

《空手を楽しむ趣味》の楽しみ方は、武道としての心得を学べて、そして強く美しい武の道を進める事です。

 

空手は日本古来の武道の一つとして広く知られています。

 

格闘技でありながら健康と安全に配慮したルールが決められているため意外にもケガが少ないものとなっています。

 

また空手の稽古で程よい全身運動をするため運動不足解消や美容と健康につながり、精神的な強さも育まれるようになります。

 

この他、空手をはじめとした日本古来の武道は礼に始まり礼に終わるとされるため、相手を敬う気持ちと美しい身のこなしが身に付くようになります。

 

《空手を楽しむ趣味》の費用

《空手を楽しむ趣味》の費用は、空手道場の月謝は入会金が2000円から1万2000円、月謝が4000円から1万3000円ほどと道場によって様々です。

 

更にこれらに加え道場によっては年会費4500円程が加わる場合があります。

 

またカルチャースクールで空手を習う場合には3ヶ月8000円から2万7000円程に加え、設備費が2000円程かかる場合や入会金が5000円程かかる場合があります。

 

この他に空手着は上着とズボン、帯からなり9000円から2万円程が目安です。

《空手を楽しむ趣味》の始め方

《空手を楽しむ趣味》の始め方は、まず空手道場は自分の目的に合っている所を選ぶようにします。

 

選び方として、基本を忠実に習いたい、美容や健康のために習いたいという場合や初心者であれば伝統的な空手道場や全空連に加盟する道場が適しています。

 

一方の極真空手は打撃を実際に当てて対戦したい人向けです。

 

更に気軽に楽しみたいという場合にはカルチャースクールでも空手を教えている場合があるためそこを利用するようにします。

 

この他にも雰囲気が自分に合うか、練習時間が自分のライフスタイルに合っているか、指導者との相性が良いかなども選ぶ際のポイントとなります。

 

スポンサード リンク