フルート栽培を楽しむ趣味

フルート栽培を楽しむ趣味

フルート栽培を楽しむ趣味は、野菜よりは少し難しいフルートを自分で栽培し、採れたてのおいしいフルーツを食べる事を楽しむ趣味です。

 

フルーツ栽培

 

ガーデニングというと美しい花を育てることや、家庭菜園が知られています。初めはこのようなガーデニングを楽しんでいると、次においしいフルーツの栽培にもチャレンジしたくなるものです。

 

自分で栽培して採れたてのフルーツを食べたら、どんなに美味しいだろう!と想像すると、ぜひにやってみたくなるものです。

 

とは言え、一般的には野菜よりもフルーツ類の方が難しいですし時間も掛かります。桃栗三年柿八年とも言いますね。

 

でも、育てやすいフルーツもあります。ベリー系でストロベリーやラブベリー、ブルーベリーなども育てやすくて、苗を買ってきて数か月で実がなります。

 

ストロベリーは実がなったらそのまま食べても美味しいですし、ジャムなどを作る楽しみもある趣味になります。

 

スポンサードリンク

《フルート栽培を楽しむ趣味》の魅力

《フルート栽培を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自分で育てた果樹にフルーツが実ると喜びを感じられる
  • 農家で育てるのとは違い、花や果実をじっくりと鑑賞して楽しめる
  • 完熟し、もぎたての状態のフルーツを家庭で味わえる
  • 果樹の実りを通して四季を身近に感じられる
  • 栽培を通し好きなフルーツの生育過程に詳しくなる
  • 上手く実がなればそのまま食べる以外にもジャムや果実酒などにアレンジして楽しめる

 

《ワイルドストロベリーの育て方が解る動画》

 

《フルート栽培を楽しむ趣味》の楽しみ方

《フルート栽培を楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分の食べてみたいフルーツを栽培し、育てる過程から収穫までを楽しみ、更に食べる事を楽しみます。

 

完熟したフルーツを味わうにはモモやスモモ、1本でも実のなるブドウやビワ、低木性で収穫しやすいブルーベリーやラズベリーというように、自分の目的に合った果樹を選びます。

 

他にもオリーブや柿は庭のシンボルツリーとして、アケビや山葡萄は日本の伝統的な果樹としても楽しめます。

 

自分で育てた果樹にフルーツが実るととても嬉しいですね。そしてそれを食べることで旬のフルーツを味わえるので、四季を感じならが食べる喜びも味わえる楽しみがあります。

 

《フルート栽培を楽しむ趣味》の費用

《フルート栽培を楽しむ趣味》の費用は、フルーツの苗木はみかんやポンカン、柚子やレモンなどの柑橘類は2000円台から3000円くらいです。

 

柿の苗木は2000円から3000円台、ブドウは3000円台から5000円台、モモは3000円台から4000円台、ブルーベリーは2000円台から3000円台となります。

 

他に必要なものとして、果樹用の鉢は1000円台から2000円以内では購入できます。植え付けるためのスコップは1000円台から2000円台、腐葉土は1000円前後、剪定バサミは1000円台から2000円台が目安です。

《フルート栽培を楽しむ趣味》の始め方

《フルート栽培を楽しむ趣味》の始め方は、果樹を庭に植える場合にはそれぞれの果樹の生育環境を考慮することが必要です。

 

フルーツが実ってからの収穫のしやすさや、他の庭木との関係、建物との調和なども考慮した上で植えるようにします。

 

フルーツの苗木はガーデンセンターやネット販売で購入できます。

 

冬場暖かい室内で管理する必要のあるマンゴーやパパイアなどの熱帯果樹には鉢やコンテナも必要となります。

 

庭に植える際には日当たりが良く水はけの良い場所を選び、根を張るのに十分なスペースを確保し、堆肥や腐葉土により土を肥沃にするようにします。

 

家庭でフルーツを栽培する場合、ポポーのような珍しい果樹や、昔の故郷を思い出させる懐かしさのあるマルベリーとも呼ばれる桑の木を植えるという楽しみ方もあります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 植物関連趣味一覧