盆栽を育てて楽しむ趣味

盆栽を育てて楽しむ趣味

盆栽を育てて楽しむ趣味は、小さな盆栽の中に大きな四季の移ろいを感じる趣味です。盆栽の風格や生命力を感じ、自然美を堪能できる趣味です。

 

盆栽

 

盆栽は、四季のある日本において、四季を感じる事のできる最高の趣味と言えます。小さな鉢の中の盆栽は、四季に応じて壮大な自然の景色を創りだしてくれます。

 

園芸においてその芸術性は、多くの人を魅了する奥深さがあります。

 

自然が織りなす美しい変化!生命の鼓動!このような多くのものを感じる事が出来るのです。樹形を整えてその趣を鑑賞して楽しむ最高の趣味です。

 

スポンサードリンク

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の魅力

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 季節感が味わえる
  • 古木のような風格や生命力を感じられる
  • 樹齢100年と同様の生きてきた生命力を得られるよう
  • 日本人の心を感じられる
  • 大きな風景を小さな鉢からも感じられる
  • とても癒される

 

《盆栽の魅力を動画で見てみましょう》

 

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の楽しみ方

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の楽しみ方は、盆栽を育て作る楽しみ!飾る楽しみ!鑑賞する楽しみがあります。

 

作る楽しみは、鉢は小さくても雄大な自然の姿を感じるように、幹・枝・根張りのバランスを考えながら、作っていく楽しみ方です。

 

大自然の松の美しさに、崖の上に凛と立ち尽くす姿などがあります。そんな美しさや力強さを小さな鉢の中で表現するのです。

 

これは長い年月をかけて、自然の趣きを大事に育てながら表現していくのです。

 

どの盆栽にも、自生する樹木と同じように自然美を兼ね備えています。そして、生命力に溢れています。この美しさと生命力を保ちながら、どのような樹形を創っていくのかが楽しい趣味になります。

 

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の費用

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の費用は、盆栽自体の費用があります。良くピンキリと言う言葉がありますが、盆栽もそれに当てはまります。

 

盆栽!と名前があるものには、1000円以下のものから1億円もするものまであります。

 

と、いう事は自分のお小遣いに合わせた範疇で、始められる趣味と言えます。

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の始め方

《盆栽を育てて楽しむ趣味》の始め方は、まずは盆栽を用意します。近くの園芸店でも良いですし、ネットでも良いです。

 

選び方としては、いきなり高額の盆栽で始めるのではなく、20cm程度の小品盆栽やもっと小さな10cmくらいのミニ盆栽からが良いでしょう。

 

そして1鉢ではなく、数種類から始めた方が色々と楽しめますし上達も早いです。

 

定番は松ですが、その他の花や実を付けるものも華やかで楽しいものです。道具類は、固定肥料、ジョウロ、葉に水分を与える霧吹き、枝を切るハサミ(剪定ばさみ)盆栽用、ピンセットなどを用意します。
また、盆栽の書籍も用意します。盆栽をただ置いていたのでは鉢植えになってしまうので、しっかりと育てるには基本を学びましょう。

 

樹形にはいくつかのパターンがあります。必ずしも型にはめる必要はないですが、やはり基本形に育てた方が自然味のある盆栽になります。

 

盆栽の選び方は、始めは失敗の少ない育てやすいものから始めるのが良いです。そこで、ウメやモミジなどの初心者向きの樹種から始めるのが良いでしょう。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 植物関連趣味一覧