フリマで楽しみながら稼ぐ趣味

フリマで楽しみながら稼ぐ趣味

フリマで楽しみながら稼ぐ趣味は、公園や駐車場などで『もったいない』から不用品や自分で作ったものなどを売買してコミュニティと稼ぐ事を楽しむ趣味です。

 

フリマ

 

フリマは近所の駐車場や大きな公園などで、休日を中心に地域のイベントなどとして開催されています。

 

身近な場所でおこなうものもありますが、中には千葉の幕張メッセや名古屋の国際展示場などの大きな会場でおこなうものもあります。

 

様々な場所で催されるフリーマーケットには老若男女問わず多くの人が訪れます。

 

売る側は不要品をお金に換えられるますし、買う側も割安で商品を購入できるのでお互いに交渉しながら売買できるのが面白さになります。

 

社会的にもリサイクルにも貢献できるので、楽しいだけでなく様々なメリットもある趣味になります。

 

スポンサードリンク

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の魅力

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • フリーマーケットに出店する事で要らなくなったものをお金に換えられる
  • 家の中にある不要品を整理するきっかけになる
  • 買いにきてくれた人との交流を楽しめる
  • イベントを楽しみながらリサイクルに貢献できる
  • 家の中が片付く事に加えお小遣いが増える
  • 素人でも会場に予約すれば品物を売る側として参加できる

 

《フリーマーケットの雰囲気が解る》

 

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の楽しみ方

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の楽しみ方は、来てくれたお客さんとコミュニケーションをしながら売買を楽しむ事です。

 

不要品を売るといっても何でも売れるという訳ではなく、売れ筋のものがあるので、どんなものをどんな風に売るのかの工夫も面白いです。

 

一方で売れ残りがちなものもありますので、そんな見極めもある意味楽しさになります。

 

売れ筋の商品としては、すぐに着られなくなる子供用品などがあります。

 

他には安い衣服やブランドものの衣服、小物類、未使用のお歳暮や引き出物などもあります。

 

反対に売れ残りやすいものとしては本類や季節外れのもの、家具のような大きなもの、時代遅れの電化製品や置物などです。

 

フリーマーケットではお客さんとのやり取りがあり、値切って買うのが当然であるため売りたい値段よりも高めの値札を付けておくようにします。

 

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の費用

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の費用は、主催者に支払う出店料は1000円から3000円が相場です。

 

安いところは300円程度の場所もあります。

 

この他に釣り銭や敷物、ペンやセロテープなどの文具類、品物を入れて手渡すための袋などが基本的に必要となります。

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の始め方

《フリマで楽しみながら稼ぐ趣味》の始め方は、フリーマーケットで売る際には主催者側にあらかじめ連絡をして予約を取る必要があります。

 

車で行けない会場や主催者があまり信用の置けないケースなども中にはあります。

 

このため最初は自分で買い物に行ってみて、会場の雰囲気や周りの施設を確かめてから出店を申し込むようにします。

 

また売る際に値札が付いていないと安い言い値で買われてしまう事もあるため、あらかじめ全ての商品に値札を付けるようにします。

 

更に自分の貴重品や現金は必ず身に付けるようにする他、初めての人は慣れている人の意見を取り入れ、できれば一緒に出店する方が安心して始めやすくなります。

 

少しでも高く売るコツとしてはきれいな状態で並べる事に加え、あまりに安く値切りすぎるお客さんには売らないという事が挙げられます。

サイトのフリマ

 

お客さんと対面するフリマではないですが、サイトを使って自分が作った作品などを売る事ができます、

 

35万人のユーザーさんに自分のハンドメイド作品を公開できる、【ココナラハンドメイド】