お城巡りを楽しむ趣味入門!魅力・楽しみ方・始め方

お城巡りを楽しむ趣味入門

お城巡り趣味は、日本全国に点在しているお城を巡って、その歴史を感じたり学んだりすることを楽しむ趣味です。

 

日本には現在見学できるお城は200城くらいですが、歴史的には約25,000ものお城があったといいますので、とても魅力的で面白い趣味になります。

 

城

お城巡り趣味の魅力

お城巡りには色々な魅力があります。

 

  • 古すぎない歴史なので身近に感じられる
  • 攻防戦の伝説や物語がある
  • 胸躍る英雄達の物語がある(志をとげた人の物語)
  • 同時に奮闘努力にも関わらず散っていった人の物語もある
  • 石垣だけに注目するお城の巡り方もある
  • お堀の作り方の研究などもできる

 

戦国時代を中心に歴史小説はたくさんあるので、そんな物語を読んでからお城に来ると、物語が現実的に感じられる魅力もあります。

 

戦いがぎりぎりまで追い詰まった中での人々の思いや感情が感じられて、当時の人の息吹が感じられるようです。

 

《参考動画》

 

 

お城巡りの参考書籍

日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

 

100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊になった決定版

 

 

日本の城1000城 1冊でまるわかり

 

武将たちの「夢」のあと。全都道府県別城マップ掲載。

 

 

わくわく城めぐり

 

歴史知らずでもビギナーでもよくわかる、楽しめる全国の魅力的な34城を選りすぐり。いま、女性を中心に人気上昇中の「お城」

 

 

お城関連の書籍一覧

お城巡り趣味の楽しみ方

調べてから行こう

 

お城巡りの楽しみ方は、何も知らべずに行ってもそのお城の大きさや石垣の立派な組み方、見ているだけで威風堂々さを感じる魅力などもあって楽しいものです。

 

しかし、どうせお城に行くならやはりそのお城の歴史を調べてから行きましょう。

 

歴史を調べてからお城を見て回る事で、

  • なぜお城を造る必要があったのか?
  • どのような人が造ったのか?
  • 城主が変わっていったその歴史は?
  • その場でどのような事が起こったのか?

 

このような疑問を持ってお城に行くと、時空を超えて感じられるような『不思議』を体感できる楽しみ方があります。

 

年代によっても、お城はその特徴があります。

 

お堀を深くした時代から、鉄砲の伝来と共に横幅が広くなったお堀の時代。

 

石垣だけを見てもその造りで時代背景などは解るのです。

 

物語と現実

 

歴史小説は物語になっているので史実だけとは限りませんが、それが実に面白かったりします。

 

物語の中のお城などを実際に行く事ができるからです。

 

普通の小説の物語はフィクションであればそれを現実に感じる事はできません。

 

歴史小説も、実際に武将がどのような言葉を話したのかは解らないので物語の中の言葉はフィクションですが、それでも現実に現存するお城に行く事で、まるで本当の事のように感じる事ができるのです。

 

自分だけのお城日誌を作ろう

 

お城巡りをする事で、自分だけのお城の『城日記』を作成しても楽しいものです。

 

単純にどこのお城に行ったという内容だけではなく、写真を組み合わせながら自分で調べた歴史的背景を踏まえての感想を入れていくと、オリジナルのお城日記が出来上がります。

 

絵が得意であれば、お城スケッチを描いても楽しいでしょう。

 

お城の写真集を自分で作ったり、お城ごとの絵を描いたり、そしてお城ごとの感想を入れた日誌を書いてみるのも楽しい趣味になります。

『歴史探求講座・戦国時代史の謎』講座

ユーキャンの講座に『歴史探求講座・戦国時代史の謎』というのがあります。

 

お城を巡る面白さの一つに、歴史を感じることがあります。

 

500年以上前の人々が人力を持って組んだ大岩の石垣や、命を守るために知恵のすべてを注いで造ったお城の構造など、知れば知るほど興味が尽きない面白さがあるのです。

 

そして、根本的になぜそのお城が造られたのか?などの、大きな時代的な背景をの歴史を知る事もお城巡りを面白くする要因です。

 

そんな時に、戦国時代と呼ばれる100年はたくさんのお城が造られた時代で、それは造らないといけない時代背景があったのです。

 

その時代の背景を多面的に学び、戦国時代に活躍した武将たちからの実像にも迫るのがこのユーキャンの講座と言う事です。

 

歴史は歴史小説などでも知る事が出来ますが、その読み物としての小説では学べない歴史をしかっりと学ぶための講座です。

 

戦国時代という激動の時代を学ぶ事は、お城巡りの奥深さを更に体感できるものになります。

 

歴史をしっかりと学びたいと思ったらチャレンジしてみてください。

 

 

で『歴史探求講座・戦国時代史の謎』講座を探してみてください。

お城巡り趣味の始め方

《独自ではじめる》

 

お城巡り趣味の始め方は、特別な資格や必要なものなどはないので、参考になる書籍を数冊用意して近くのお城に行く事から始められます。

 

あなたがどこに住んでいても、きっと近くにお城はあると思います。

 

まずは近くのお城に行ってみる事からはじめてみると良いでしょう。

 

ツアー

 

旅行ツアーの中には『お城めぐり』をテーマにしたものもたくさんあります。

 

ガイドをしてもらいながらお城を巡れるので、初心者はツアーで行ってみるのも良いでしょう。

 

 

近くのお城から行ってみましょう!

お城巡りは面白い

歴史を感じよう

 

お城巡りの魅力は、なんと言ってもその場に立つと500年以上前の歴史を感じられる事でしょう。

 

歴史の息吹とでもいうのでしょうか。

 

お城の魅力は立派な天守閣だけではなく、石垣や土塁などのそこには間違いなくお城があった痕跡が魅力なのです。

 

その場に行くことでしか感じられない歴史の体感があるのです。

 

城

 

色々なお城の巡り方

 

日本には有名なお城100選に出てくるようなお城から、今では地元の人にも忘れ去られたようなお城もたくさんあります。

 

なので、現存する天守閣のお城巡りをテーマにしたり、またはお城100選に選ばれているお城の完全制覇という巡り方も楽しめます。

 

更に、ほとんどの人が知らないようなお城で、古い文献やお城の専門書籍に載っているようなお城を探してみるという楽しみ方もあるのです。

 

現存するお城は必ずしも天守閣があるような立派なお城ばかりではありませんので、自分なりのテーマを持ったお城巡りができるのが魅力なのです。

 

お城を感じに行こう

 

すでに原型が無いような城址も多々あります。

 

しかし、ゆっくりとその城址を歩いてみると、切り立った土塁跡やお濠の跡など、そこには間違いなくお城があった事を感じる事ができるのです。

 

城址も遺跡のひとつですが、お城の歴史はまだ500年ほど前なので、その歴史は埋もれることなく見る事、感じる事ができるのです。

 

遺跡では新しい事の魅力

 

通常、遺跡というと1,000年2000年も以前のもというイメージがありますが、これくらい古いとそのほとんどが土に埋まってしまっています。

 

なので、発掘には大変な時間と費用が掛かるので個人ではできないです。

 

でも、城跡は埋まる事無く、まだまだ鮮明に残っているのです。

 

つまりその場所に行って、その場所に立つとお城があった事を感じる事が出来るのが最大の魅力にもなります。

スポンサードリンク