温泉巡りを楽しむ趣味入門!魅力・楽しみ方・始め方

温泉巡りを楽しむ趣味入門

温泉を巡りを楽しむ趣味は、日本中のいろいろな温泉を巡って、その雰囲気や効能、気持ち良さを楽しむ趣味です。

 

趣味の王道とも言えるくらい人気の趣味で、その楽しみ方は様々あってとても面白い趣味になります。

 

温泉

温泉巡りの魅力

温泉巡りの一つの魅力は、温泉ごとに泉質が違うので、どの温泉のどの泉質の温泉に入ろうかなというものちょっと趣味っぽい魅力になります。

 

ちなみに、

  • 単純温泉
  • 塩化物泉
  • 炭酸水素塩泉
  • 硫酸塩泉
  • 二酸化炭素泉
  • 含鉄泉
  • 硫黄泉
  • 酸性泉

があります。

 

泉質が変わることで温泉によって効能の違いもあるので、そんな体のケアとしても魅力的ではあります。

 

とはいえ、やはり温泉の魅力はなんといっても、単純にリフレッシュして気持ち良いということです。

 

効能の違いや温泉の宿の造りの違い、またその土地の雰囲気の違いなど、その場所ごとに楽しみます。

 

リラックスやリフレッシュに加え、健康や美容にも温泉はよい効能があります。

 

まさに心身ともにとはこの事で、身体の中からも外からも健康になってキレイになれます。

 

温泉巡りは休日に日常を忘れてリラックス、リフレッシュするのにはうってつけの趣味です。

 

温泉に入るだけではなく、その土地を楽しむこともメリットで、観光地として楽しみ、そして地元の美味しいものを食べれるのも嬉しい趣味となります。

 

温泉に行ったら温泉日記を綴ってや、ブログなどに書いて配信しても楽しい趣味になります。

 

  • リラックス、リフレッシュ効果が得られる
  • 健康や美容によい
  • その土地の観光も同時に楽しむことができる
  • 目的が明確になるため出かけやすくなる
  • 様々な地域に詳しくなる

 

《参考動画》

 

 

温泉巡りの参考書籍

女ひとり温泉をサイコーにする53の方法

 

訪れた温泉は約500湯。ヒマさえあれば女ひとりで温泉を巡りまくっている「温泉オタク会社員」による温泉偏愛エッセイ

 

 

温泉手帳

 

泉質別温泉地・ベスト旅館ガイド,効能,歴史,湯治,作法,料理から文学・土産ものまで温泉の魅力を徹底的に極めました

 

 

日本百ひな泉

 

ひなびた温泉マニアたちが選んだ名湯ランキング。1位から100位まで湯水の如く紹介

 

 

温泉の書籍一覧

温泉巡りの楽しみ方

温泉巡りの楽しみ方は、温泉は家庭のお風呂とは違い、浴槽が大きいため体がしっかりと温まります。

 

またゆったりと体全体をのばしてお湯につかることができるため、思う存分リラックスして楽しむこともできます。

 

泊まりがけで行くのもよいですが、日帰りの方が、予定が立てやすくはじめのうちは気軽に行くことができます。

 

温泉地として知られている観光スポットだけではなく、都内やその近郊のスパ施設であればより気軽に行くことができるほか、マッサージやエステも同時に楽しむことができます。

温泉に行こう

温泉は本当に人気なので、全国各地の温泉宿やツアーなどは選びたい放題です。

 

個人旅行などもうまく使って温泉巡りを楽しみましょう。

 

温泉巡りの費用

温泉巡りの費用は、都内ローカル駅近くにある銭湯スタイルの温泉の場合には、460円位から入ることができます。

 

しかしながら、ある程度の規模になると1000円から3000円くらいが費用の目安です。

 

日帰りでも食事付きプランのみで提供している温泉の場合には、大体2000円台から9000円台の費用になります。これに加えて交通費などは別にかかるため、計画をする際にはこれを含めて計算します。

 

温泉巡りは、様々な所に出かけて各地の温泉に詳しくなることで趣味を極めることができます。

 

その一方で特別に極めようとしなくとも、思い立ったときに出かけて日頃の疲れをいやし、気分転換を図るだけでも十分に楽しめるものとなります。

温泉巡りの始め方

温泉巡りの始め方は、温泉巡りをする際に基本的には特に用意をするものはありません。

 

銭湯スタイルの所ではタオルや石けんなどのバス用品が必要になる場合があります。また、泊まりがけで出かける場合には旅行用品が必要になります。

 

あまり旅行そのものに行きなれておらず、いざ始めるとなると抵抗があるという場合には、都内やその近郊など電車で行ける範囲から始めると行きやすくなります。

 

また極めるとなると全国の温泉や秘湯巡りが思いつきやすいですが、近場に詳しくなるというのも楽しみ方の一つです。

スポンサードリンク