道の駅巡りを楽しむ趣味入門!魅力・楽しみ方・始め方

道の駅巡りを楽しむ趣味入門

道の駅巡りを楽しむ趣味は、全国各地に点在している道の駅に行ってご当地のおいしいものを食べたりして楽しむ趣味です。

 

道の駅はご当地色が強いので、ご当地の美味しいものを探すにも最適な場所です。

 

道の駅

道の駅巡りの魅力

  • 他の趣味とあわせて楽しむこともできます。
  • 地域の方が、野菜やお花、民芸品などを販売していることがあり、安価でゲットできることがあります。
  • B級グルメやご当地ものが楽しめます。
  • 場所によっては休日になるとフリーマーケットが開催されていたりと、サプライズな楽しみもあります。

 

休憩所のような所や、温泉、足湯があったりする所もあります。

 

そんな道の駅をめぐるのですが、大体の道の駅にはスタンプが置いてあったり、その道の駅の名前が入っているステッカーやキーホルダーなどが販売されています。

 

これらを集めたり、ご当地の食品や名物などを楽しめたりと、ハイブリッドな趣味になっています。

 

一番の道の駅の魅力と言うか楽しみたいのはご当地の美味しいものを食べる事です。地元の美味しいものが集まっているのも道の駅の特徴です。

 

《参考動画》

 

 

道の駅巡りの参考書籍

首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅

 

東京近郊からおよそ半日で行って、帰ってこれる厳選50スポットをご紹介する。朝早くに出発してもいいし、昼過ぎふらりと出かけてもいい。それが、首都圏「道の駅」ぶらり半日旅の魅力。

 

 

道の駅ハイパーガイドブック 2021-2022

 

全国の道の駅の特徴や施設案内、営業時間などを詳細にわたりオールカラーで紹介。北海道、東北、関東、甲信越、北陸、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄と10のエリアに分けた読みやすい構成で、目的地の目安となるエリア地図も掲載。

 

 

道の駅旅案内全国地図

 

毎年さまざまなテーマで道の駅の楽しみ方を紹介している「道の駅 旅案内全国地図」。 日本全国の道の駅の情報と位置をこの1冊でご確認いただけます。

 

 

道の駅関連の書籍一覧

道の駅巡りの楽しみ方

道の駅巡りの楽しみ方は、道の駅を拠点にしてサイクリングやハイキングなどを楽しむ事もできます。

 

もちろんツーリングやドライブなどの趣味と一緒に楽しむこともできます。

 

さらには道の駅に備え付けられているスタンプを集めたり、道の駅切符などコレクション性のあるものを販売している道の駅もあります。(販売していない道の駅もあります)

 

それらを集めたり、道の駅スタンプラリーが開催されていることもあります。

 

開催時期には、たくさんの道の駅が掲載されている小冊子が販売されており、その小冊子のスタンプスペースを埋めていくというものです。

 

嬉しいことにスタンプをたくさん集めると景品がもらえたり、抽選であたる景品も用意されており、とても楽しめると思います。

 

スタンプラリーをやらずとも、温泉や足湯、ご当地B級グルメ、民芸品、アトラクションが併設されている場所もあり、ファミリーはもちろん、幅広い年齢層の方々が十分楽しめる趣味となっています。

 

お気に入りの道の駅を見つけるのも楽しいです!

旅行ツアー

道の駅なので基本的にはマイカーでの楽しみになりますが、車が無くても楽しめるのでツアーをうまく利用してみてください。

 

道の駅巡りの費用

道の駅巡りの費用は、移動にかかるガソリン代や現地での買い物などを考えなければ費用はかからないと考えて良いです。

 

と、言うよりかかるのはそのくらいなので、特別そろえたりするようなものはありません。

 

あると便利なのは地図、ナビゲーションシステム(カーナビやスマホナビ)があるとより良いですが、PCで調べた地図を印刷するというのでもいいでしょう。

 

スタンプラリーに参加する場合は小冊子が500円程で道の駅にて販売されています。

 

小冊子は道の駅の大まかなマップにもなりますので、それがあれば道の駅めぐりがより楽しくなるでしょう。

道の駅巡りの始め方

《道の駅巡りを楽しむ趣味》の始め方は、まずはこれからどこかへ出かける予定があれば、その道中に道の駅があるか探して見ましょう。

 

道中に無くてもちょっと迂回すると立ち寄れるかな?とか、帰り道はこっちのルートで帰れば寄れるな!などでもいいと思います。そこへ足を運んでみましょう。

 

注意点としては、道の駅の各店舗などが閉まる時間が意外と早いので、帰りが夕方以降になってしまうと、トイレ休憩に寄るくらいのことしかできないので、せっかく行ったのになにもやっていなかった。とならないようにしましょう。

 

ツーリングなどをされるのであれば道の駅自体を目的地に設定するのもいいかもしれません。

 

道の駅ガイド本などもたくさんあるので、参考にしてこれからの趣味を始めても良いでしょう。

スポンサードリンク