陶器市巡りを楽しむ趣味!

陶器市巡り趣味

陶器市巡りは、全国にある有名な陶器の産地でおこなわれる陶器のお祭りである陶器市を巡る事を楽しむ趣味です。

 

たくさんの陶器の中から、掘り出し物を見つけたりして楽しみます。

 

陶器市

 

気に入った陶器や安く購入できる陶器市を巡る趣味の魅力や楽しみ方、また始め方を案内しましょう。

陶器市巡り趣味の魅力は?

《陶器市とは?》

 

まず陶器とは、和食器や湯飲みなどのやきものの事です。

 

陶器市はこの陶器を一同に集めて、一気に販売されているのが陶器市です。

 

ただ、ここで紹介する陶器市巡りは、近所のスーパーなどで『陶器市』ののぼりを立てておこなっている陶器市とは違います。

 

有名な陶器の産地でおこなわれる大々的な陶器市のお祭りを巡って楽しむ趣味です。

 

《たくさんの中から選ぶ楽しさ》

 

産地でおこなわれる陶器市の魅力は、なんといってもその圧倒的な器の数の多さです。

 

その多くの器の中からどんな器と出会えるかが魅力です。

 

《お手軽価格で買える》

 

陶器市では、美術品といえるような高額な物もありますが、反対に100円以下で買えるようなカップや皿などの日用品などもあります。

 

また、単純に価格が安いというだけではなく、実際の価値に対して安いというものもたくさんあります。

 

東京の〇〇で買えば数万円もするような物が、陶器市では数千円で買えたりもするので、このお得感で買い物ができるのも魅力でしょう。

 

陶器市はお祭りなので、安くて掘り出し物を探す面白みも楽しめるので、お手軽価格なのに良い物を探すのも魅力です。

 

《職人さんとの会話》

 

産地ならではの魅力としては、窯元の職人さんと会話を楽しむ事もできたりします。

 

これはタイミングもありますが、職人さん自らもお祭り気分で話せるので、そんな会話の楽しみもあります。

 

スポンサードリンク

魅力を聞いてみよう

陶器市巡り趣味を楽しんでいる人に、魅力を聞いてみよう!

 

  • 朝市のような解放感の中でたくさんの器を見られる
  • 大きな陶器市では、500を超える多くの店が立ち並ぶので選び放題
  • 掘り出し物を見つける
  • 職人さんや作家さんと会話をしながら選べる
  • 色々な産地を巡る事で産地ごとの特徴ある作品が見られる

 

陶器市を楽しんでいる人で、このような事を言う人もいます。

 

陶器市では、『陶器とは一期一会』です。

 

掘り出し物と出会った時に購入をするかしないか!

 

陶器市では、もう一度考えてからと思っていると、次に見に来た時には売れてしまう事も多々あります。

 

出会った時に、買うのか買わないのか?と言う、掘り出し物との出会いを楽しむのも一つの魅力という事です。

 

《参考動画》

 

陶器市巡り趣味の楽しみ方は?

《お祭りとして楽しむ》

 

陶器市は、参加する人も地元の人にとっても産地ならでは、待ちに待ったお祭りです。

 

このお祭りに参加するのを楽しむので、作り手との会話を楽しんでみましょう。

 

器選びに迷ったら気楽にお店の人に聞いてみると、お店の人もお祭り気分で気さくに話してくれるものです。

 

《作家さんに会える》

 

特に窯元の作り手が売っている時には、更に会話を楽しみたいものです。

 

作家さんの心意気を知る事で、陶器を選ぶ時の参考になります。

 

有名な作家さんと話す事で、その人の人柄に触れる事で更にファンになるかも知れません。

 

陶器市はお祭りなので、こんな偶然も期待できるのが楽しみになります。

 

《目を養おう》

 

陶器市の楽しみの基本は、たくさんの作品の中から自分が気に入った物を探す事です。

 

まさに目利きです。

 

もし作家さんとの会話ができるのであれば、作家さんの意見を聞いたりしてみましょう。

 

色々な事を教えてもらう事で、自分尾目を養う事にもなって、この目利きができるようになるのも楽しみの一つでしょう。

 

《上手な値切りで楽しむ》

 

最後に陶器市の楽しさは、値切り交渉だったりします。

 

お祭り気分でお店の人もかなり勉強をしてくれる事もあるので、臆する事無く値切り交渉も楽しんでしまいましょう。

 

ただ、『まけてまけて』の値切りはつまらないものです。

 

買い手も売り手も嬉しくなるような、『まとめ買いするから』とお互いが得する交渉をしてみると良いでしょう。

 

いずれにしても、お祭りで初めから安くはなっているので、『値切りの交渉を楽しむ』と言った余裕があると良いですね。

 

《事前勉強もしておこう》

 

陶器市に行く前に、産地の特徴などを勉強して予備知識を持っておく事でより楽しめます。

 

事前にやきものや産地の事を知っておくと、陶器市に行ってからも楽しめますし、その前のやきものの世界を知る勉強自体も楽しくなります。

 

日本人にとって、器、やきもの、陶器といったものは、なぜかとても魅力を感じるものなので、陶器市に行ってたくさんの器を見てみましょう。

 

参考書籍

陶器市巡り趣味をより楽しくしてくれるおススメの書籍!

 

器の教科書

 

 

器の初心者におススメの書籍で、器の基本がわかる器の教科書となります。

 

器の基礎知識から器を買うための旅のガイドにもなります。

 

写真も豊富なので、勉強と鑑賞の両方で楽しめます。

 

 

やきものの里めぐり

 

 

この本の内容紹介の中で、『実際にお気に入りの窯場を訪れて、土地の空気を味わうのが器選びの醍醐味だ。』といっています、

 

まさに陶器市巡りの主旨と同じです。

 

内容は、やきものの産地ごとの特徴と、その代表的な窯元の情報などが紹介されています。

 

やきものの入門書としても活用できる書籍です。

 

 

他にも陶器市というより、やきものの参考になる書籍はたくさんあるので、一覧から探してみましょう。

 

楽天ブックス

 

アマゾン

 

ヤフーショッピング

陶器市巡り趣味の始め方は?

《日程確認》

 

産地でおこなわれる陶器市は1年に1回です。なので、陶器市の開催される日程を確認することからです。

 

インターネットで、『陶器市+開催日』などえ検索してみましょう。

 

《ツアーで参加しよう》

 

陶器の産地は田舎町で宿泊施設が多くないにも関わらず、この時ばかりは大変に込み合います。

 

早めに宿泊施設を予約しておくと良いです。

 

車も駐車場にさえ入れない事もあるので注意が必要です。

 

宿もちゃんと抑えて、駐車場の心配もしたくない人はツアーがおススメです。

 

大きな陶器市では、〇〇陶器市プランがだいたい発売されるので、そのツアーに参加するのが一番です。

 

 

このあたりのプランで探してみると、陶器市ツアーが見つかります。

 

《買い物のコツ》

 

陶器市での買い物では、良い器を購入したいなら初日のしかも午前中に行くのが鉄則です。

 

良い商品は多数ありますし、人もまだ少ないのでじっくりと見る事ができるからです。

 

ただ、初日の午前中だとそれほど値引きはしてくれないものです。

 

なので、初日の午前中に行くときには、良い物を欲しいからと割り切りましょう。

 

反対に、とにかく安く買いたいと言うなら、最終日の午後が狙い目です。

 

最後は捨て値で販売してくれる可能性があるからです。

 

残り物が悪い物とは限らないところがおもしろいので、運任せで狙ってみるのも楽しいでしょう。

陶器市巡り趣味関連記事一覧

陶器市巡りの参考になる本は?

 

陶器市

 

陶器市巡りを楽しもうと思っている人に参考になる本を紹介します。陶器市に行く前に学んでみてはどうでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

トップ | 旅行趣味一覧に戻る